正しい利用で血圧を抑える|お茶でアトピーは改善可能|日常生活を大きく変える志

SUB CONTENT

正しい利用で血圧を抑える

水とサプリメント

安全に効果を得るために

高血圧の改善には、食生活と運動習慣の見直しが必要です。高血圧の主な原因として、運動不足や栄養不足が挙げられます。特に食事は肉食が増え、忙しい方は食事を抜いたりして栄養摂取が不規則になりがちです。高血圧の改善策として、効果的なサプリを摂る方法があります。サプリは手軽に食生活をサポートできるため、現在は利用者が多く種類も豊富です。サプリの利用は、基本的には副作用がなく安全なものが多いです。しかし、中にはサプリに含まれる成分と体質が合わず、効果の実感がない場合や副作用を招く可能性もあります。自分の体質がわからない状態で利用せず、医師に相談した上で利用すると安全です。医師から高血圧の診断を受けている場合は、担当医にサプリを飲んでもいいか確認を取りましょう。血圧を下げる薬との併用は、効能を妨げる可能性があるので確認する事が大切です。

成分による働き

高血圧を抑えるサプリには、豊富な栄養が含まれているのが特徴です。中でも、魚類に含まれているDHAやEPA、ニンニクに含まれるアリシンやミネラルなどが効果的です。アリシンには、血液が血管内で詰まる『血栓』を予防する効果があります。また、コレステロール値を抑えて、血圧の上昇を抑える効果を高めます。ミネラルにはカルシウムやカリウム、マグネシウムが含まれており、血管の収縮活動を抑えるのに効果的です。カルシウムは、マグネシウムの働きでより効果が高くなるのが特徴です。バランスの良い栄養は、体内での吸収率を高め、相乗効果で高血圧を改善する事に繋がります。サプリなどの健康食品は、正しく利用する事が大切です。用法や用量を守り、飲み過ぎには気をつけましょう。また、サプリと一緒に生活習慣を見直す事で、健康的な身体作りに役立ちます。