良い腸内環境のために|お茶でアトピーは改善可能|日常生活を大きく変える志

SUB CONTENT

良い腸内環境のために

お腹

悪玉菌による腐敗を回避

食べ物には、腸で分解されやすいものとされにくいものとがあり、前者は主に善玉菌によって分解されます。しかし後者に関しては、善玉菌だけではしっかりと分解することができません。そして分解されずに残ったものは、悪玉菌によって分解されるのです。悪玉菌によって分解されると、その食べ物は腐敗することになるので、これにより腸内環境は悪くなります。その結果、便が出にくくなったり、あるいは腐った下痢便となって出てきたりするようになるのです。ところが乳酸菌サプリを飲めば、乳酸菌が善玉菌を助けることで、食べ物が分解されやすくなります。つまり、悪玉菌による腐敗の可能性が下がるわけです。そのため乳酸菌サプリは、良い腸内環境を保つために、多くの人に毎日飲まれています。

毎食後に飲むことが大事

腸内環境が既に悪くなっている人の場合、乳酸菌サプリを飲むことで、それが改善されやすくなります。乳酸菌サプリによって善玉菌の働きが活発になっていけば、その分悪玉菌の役割は少なくなります。すると、悪玉菌は不要ということで、腸内から自然に減っていくのです。それにより、腸内環境が徐々に良くなっていくというわけです。ところがこの場合は、毎食後に乳酸菌サプリを飲むことが必要となります。飲まなかった場合には、その分腸内での善玉菌の働きが悪くなり、悪玉菌が多く活躍するようになるのです。そのため腸内環境が十分に改善されるまでは、食事のたびに乳酸菌サプリを飲んで、善玉菌をサポートしなければなりません。個人差がありますが、早ければ2〜3ヶ月飲み続けることで、腸内環境は改善されていきます。